買取作家

岡鹿之助

おか しかのすけ

岡鹿之助 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 岡鹿之助 の作品を高く評価し買取しております。
もし 岡鹿之助 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

岡鹿之助

岡 鹿之助(おか しかのすけ、1898年(明治31年)7月2日 - 1978年(昭和53年)4月28日)は、日本の洋画家である。
東京府麻布区西町に劇評家岡鬼太郎の長男として生まれる。美術史家の岡畏三郎は弟である。



岡は、自然の創造物よりも絵画のほうが優っているような絵画を目指していた。岡の作品に親しんだ者は、岡の絵のような風景を見出すこともあるが、岡が書いたものと完全に一致する風景は世界に存在しない。また、早くからボードレールや永井荷風を愛読していたことが、芸術至上主義といってもよい岡の思念に通じているとされる。



岡は、書き始める前に画面全体の調和を考え尽くし、画布上で筆触どうしの出会いによる偶然を徹底的に排除する。しかし、排除しきれない偶然を僥倖のように待つ謙虚な様子もうかがうことが出来る。



また「既成品の形象」すなわち具象の世界に固執しており、日常生活にごく普通に存在する鉛直線や直方体などの形体、白色や緑色などの色彩、それらが形作る画面構成は、幾何学的な抽象絵画にも通ずると考えた。あるいは、具象か抽象かといった差異を超えていると信じていた。



岡は文学的要素などを排除し、「造形言語」のみで表現しようとした。岡の作品の中の素材は、ほとんどの場合、それがそれ以上であることを主張しない。例えば、灯台は灯台以上でも以下でもないといったことである。そのため、感情や記憶、歴史を塗り込めたものはほとんど見受けられないというように、禁欲的なまでに頑なに形象のみを追い求めた。



このように、岡は作品から文学的要素を極力排除していたが、同時に岡ほど多くの文学者に愛された画家も珍しかった。文学者である安東次男や井上靖、大岡信、清岡卓行、福永武彦らが精緻に磨きこまれた文章でこの画家やその作品を語っている。




年表
1898年 東京都で生まれる
1919年 東京美術学校西洋画科 入学
1924年 東京美術学校西洋画科 卒業
1925年 パリへ留学
    藤田嗣治に師事
1940年 春陽会会員
1952年 芸術選奨文部大臣賞 受賞
1954年 初の個展を開催
1956年 現代美術日本展最優秀賞
1964年 日本芸術院賞 受賞
1969年  日本芸術院会員
1972年 文化勲章 受章
1978年 死去

岡鹿之助 の代表的な作品

  • 「遊蝶花」
  • 「雪の発電所」
  • 「花と廃墟」
  • 「塔」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら