買取作家

木村荘八

きむら しょうはち

木村荘八 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 木村荘八 の作品を高く評価し買取しております。
もし 木村荘八 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

木村 荘八(きむら しょうはち、1893年(明治26年)8月21日 - 1958年(昭和33年)11月18日)は、日本の洋画家、随筆家、版画家。

京華中学校を卒業後、暁星中学仏語講座に籍を置き、文学を志し、演劇に関心をもつ。

葵橋(あおいばし)洋画研究所に入って岸田劉生(りゅうせい)を知り、1912年(大正1)フュウザン会の結成に加わり『虎の門(とらのもん)付近』など革新的なフォーブ風作品を発表した。

また当時から文筆の才に優れ、批評や多くの西洋美術書の翻訳を始めている。

15年劉生、中川一政(かずまさ)らと草土社を創立し、毎年展覧会を開いて独特な写実様式に進んだ。

18年院展洋画部に出品して樗牛(ちょぎゅう)賞を受賞。22年春陽会の創立には客員として参加、のち中心的な会員として活躍した。

昭和初期の代表的作品『パンの会』『牛肉店帳場』などは春陽展に発表。油絵のほか、『にごりえ』『霧笛(むてき)』『東綺譚(ぼくとうきたん)』などの挿絵にも優れた仕事を残し、また、『風俗帳』『現代挿絵考』『東京今昔帳』など随筆も多く刊行した。

没後の59年(昭和34)に遺著『東京繁昌記(はんじょうき)』の文と絵に対して日本芸術院恩賜賞が贈られた。演劇や映画の時代考証、小唄(こうた)や邦楽の権威でもあり、書籍の装丁にも優れていた。

昭和33年11月18日死去。享年65歳。

木村荘八 の代表的な作品

  • 「パンの会」
  • 「牛肉店帳場」
  • 「新宿駅」
  • 「猫の銭湯」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら