買取作家

松田正平

まつだ しょうへい

松田正平 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 松田正平 の作品を高く評価し買取しております。
もし 松田正平 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

松田正平(まつだ しょうへい、1913年(大正2年)1月16日 - 2004年(平成16年)5月15日)は、昭和・平成期の洋画家である。国画会を中心に出展。周防灘をモチーフにスケッチを続ける。簡潔素朴なフォルムと明快な色彩を特色とし,独自の詩境を展開した。
松田は、1913年(大正2年)島根県に生まれ、1921年(大正10年)には山口県宇部市にある松田家の養子となる。1937年(昭和12年)に東京美術大学を卒業し、フランスに留学する。その後1939年(昭和14年)に第二次世界大戦が始まり帰国する。1943年(昭和18年)、30歳の時にパリで知り合った吉川精子と結婚し、横浜に新居を構える。1951年(昭和26年)に銀座フォルム画廊で初めての個展を開催し、その後定例化した。1957年(昭和32年)には郷里での初めての個展を宇部市明幸堂画廊で開催。1976年(昭和51年)に現代画廊の洲之内徹氏を知る。1984年(昭和59年)、新潮文芸振興会から第16回日本芸術大賞を受賞。1986年(昭和61年)には昭和61年度宇部市芸術文化特別功労賞を受賞した。1993年(平成4年)、平成5年度山口県選奨(芸術文化功労)を受賞。1999年(平成11年)、阿曾美術で初めての書の展覧会「松田正平書展」を開催する。2001年(平成14年)には平成14年度文化庁長官表彰を受ける。その後2004年(平成16年)に宇部中央病院で死去した。

松田正平 の代表的な作品

  • 「地図」
  • 「或るゑかき」
  • 「周防灘」シリーズ

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら