安井曾太郎やすい そうたろう

  • 帝室技芸員

安井曾太郎について

安井曾太郎の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

安井曾太郎

安井 曾太郎(やすい そうたろう、1888年5月17日 - 1955年12月14日)は、洋画家。

1888年(明治21年)、京都中京区で木綿問屋を営む商家の五男として生まれる。

当時の商人の息子の常として1898年(明治31年)4月商業学校(京都市立商業学校)に入学するが、反対する親を説得し、1903年(明治36年)3月同校を中退して絵の道に進む。

翌年、聖護院洋画研究所(のち関西美術院に発展)に入所し、浅井忠、鹿子木孟郎らに師事して絵を学び始める。同時期、梅原龍三郎もここで学んでいた。

1907年(明治40年)4月、先輩画家の津田青楓が渡欧すると聞いた安井は、津田とともに渡欧することを決意した。

安井は、渡欧に際し、それ以前の作を焼き捨てたとのことで、安井の初期作品はほとんど現存していない。フランスではアカデミー・ジュリアンに学んだ。

また、7年ほどのフランス滞在の間にイギリス、イタリア、スペインなどへも旅行している。

1914年(大正3年)、第一次世界大戦が勃発しドイツがフランスに宣戦布告したことに加え、安井自身の健康も悪化していたため、日本へ帰国した。

翌1915年(大正4年)には第2回二科展に滞欧作44点を出品し、二科会会員にも推挙される。その後10年ほどの間は安井の画業の低迷期で、健康が回復しなかったことに加え、フランスと日本の風土の違いにも苦しみ、独自の画風を模索しつつある時期であった。

1930年(昭和5年)の『婦人像』あたりから安井独自の日本的油彩画の様式が確立し、梅原龍三郎とともに第二次世界大戦前後を通じて昭和期を代表する洋画家と評されている。

1935年(昭和10年)には帝国美術院会員となる。もともと文展に対抗して組織され、在野の立場を貫く二科会の方針から、安井は同会を離れざるをえなかった。

翌1936年(昭和11年)、石井柏亭、有島生馬、山下新太郎らと一水会を結成。安井は生涯、同会の委員を務めた。戦後の『文藝春秋』の表紙画を担当していた。

1944年(昭和19年)には東京美術学校教授となり、同年7月1日帝室技芸員、1952年(昭和27年)には文化勲章を受章している。

1955年(昭和30年)、肺炎のため死去した。67歳没。戒名は明徳院殿浄誉雅仙曽堂大居士。

安井曾太郎の代表的な作品

  • 「孔雀と女 」
  • 「黒き髪の女」
  • 「婦人像」
  • 「金蓉」
  • 「T先生の像」
  • 「外房風景」
  • 「承徳喇嘛廟」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

安井曾太郎を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法