買取作家

木下孝則

きのした たかのり

木下孝則 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 木下孝則 の作品を高く評価し買取しております。
もし 木下孝則 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

木下 孝則(きのした たかのり、1894(明治27)年2月24日-1973(昭和48)年3月29日)は、大正から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。
東京四ツ谷区で7人兄弟の長男として生まれる。父の友三郎は、司法畑から後に明治大学総長となった。三男には洋画家の木下義謙がいる。母方の叔父である児島喜久雄の影響が大きく、木下孝則が画家を志すきっかけとなったと言われている。


1906年に学習院初等科を卒業し、中等科・高等科に進む。その後1917年に京大法科大学政治経済学科に入学。翌年に東京帝国大学文科大学哲学科に再入学するが、1919年に画家になることを諦めきれず同校を退学。


小島善太郎や小島善太郎らとの交流をきっかけに油絵を描き始め、1921年の第8回二科会展に「富永君の肖像」を出品し初入選。1923年、1924年に樗牛賞、二科会賞をそれぞれ受ける。この間、1921年から23年に渡仏。エコール・ド・パリの雰囲気の中で20世紀の反自然主義的な近代絵画の洗礼を受ける。その後、1926年に前田寛治や佐伯祐三らと共に1930年協会を設立。翌年、春陽会会員に推挙され、同会展及び1930年協会展に出品を重ねる。1930年には春陽会を退会する。


1928年に再び渡仏。1933年のにはサロン・ドートンヌに「ピンクのガウンをかけた女」を出品。1935年に帰国。翌年、一水会の創立に参加。以後、毎年同会展に出品。戦後は一水会展や日展を中心に作品を発表し活躍。1958年には日本芸術院賞を受賞した。


作品は婦人像を一貫して描き、穏健な写実派の作家として知られた。戦後は一連のバレリーナ作品によって注目され、都会に洗練された若い女性をモデルとした。



年表
1894(明治27)年 東京都で生まれる
1917(大正6)年 京都帝国大学法科政治経済学科 入学
1918(大正7)年 東京帝国大学文科大学哲学科 再入学
1919(大正8)年 東京帝国大学文科大学哲学科 退学
1921(大正10)年 第8回二科展に「富永君の肖像」を出品 初入選
          渡仏
1923(大正12)年 帰国
          円鳥会会員
1924(大正13)年 第11回二科展 樗牛賞受賞
1925(大正14)年 第12回二科展 二科賞受賞
1926(大正15)年 1930年協会の創立会員
1927(昭和2)年 春陽会会員
1928(昭和3)年 渡欧
1930(昭和5)年 春陽会 退会
1933(昭和8)年 サロン・ドートンヌ 出品
1935(昭和10)年 帰国
1936(昭和11)年 二科会会員になるが退会
          一水会創立 参加
1937(昭和12)年 一水会展 出品
1952(昭和27)年 日本国際美術展 出品
1958(昭和33)年 日本芸術院賞 受賞
1962(昭和37)年 一水会委員展 出品
1969(昭和44)年 日展 出品
1973(昭和48)年 逝去
          勲四等旭日小綬章 受章

木下孝則 の代表的な作品

  • 「バレリーナ」
  • 「針仕事をする女」
  • 「後向きの裸婦の習作」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額を提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

査定額をご提示し、金額にご納得いただければ、その場で現金で買取いたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら