買取作家

山口長男

やまぐち たけお

山口長男 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 山口長男 の作品を高く評価し買取しております。
もし 山口長男 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

山口 長男(やまぐち たけお、1902-1983年)は、大正から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。1902年11月23日に京城府(現在の韓国ソウル)に生まれる。父は現在の鹿児島県薩摩川内市の出身。
1921年に日本に帰国。本郷洋画研究所で岡田三郎助に学ぶ。その後1922年に東京美術学校西洋画科に入学。1927年に卒業。卒業後はフランスに渡る。パブロ・ピカソやジョルジュ・ブラック、当時渡仏中だった佐伯祐三に刺激を受ける。また、彫刻家のオシップ・ザッキンのアトリエにも出入りし、立体的な造形をも習得に努めた。抽象作風に移る。1931年に帰国。1945年に二科展の再結成にあたり会員として参加し、抽象絵画を出品。1962年まで二科展に出品を続ける。
1946年に京城を引き上げて上京。1953年には日本アブストラクト・アート・クラブの創立に参加。1954年に会員としてニューヨークでのアメリカ抽象美術展に出品し、国内だけでなく、国外でも活躍を見せた。また、武蔵野美術大学教授として後進の指導を務めた。
その後も第3回サンパウロ・ビエンナーレや第28回ヴェネツィア・ビエンナーレの日本代表として出品。グッゲンハイム賞美術展、チューリッヒ市立美術館の「現代日本の絵画展」でも出品する。簡潔にして重厚な抽象作風により国際的に知られる。1961年に芸術選奨文部大臣賞を受賞する。
1982年には三雲祥之助の後任として、3代目の武蔵野美術学園学園長に就任する。
1983年4月27日に脳梗塞のため東京小平市の昭和病院で死去した。
典型的な作品は、黒系の地に黄土色または赤茶色系の大きな色面を配したもので、抽象絵画とは違い、温かみを感じさせる。
年表
1902年 韓国ソウルで生まれる
1921年 日本に帰国
1922年 東京美術学校西洋画科に入学
1927年 東京美術学校西洋画科を卒業
    フランスへ渡る
1931年 帰国
1945年 二科会再結成 会員となる
1946年 京城を発ち日本に引き上げる
    上京
1953年 日本アブストラクト・アート・クラブを創設
1954年 アメリカ抽象美術展に出品
    武蔵野美術大学教授となる
1955年 第3回サンパウロ・ビエンナーレに出品
1956年 第28回ヴェネツィア・ビエンナーレの日本代表として出品
1958年 第2回グッゲンハイム賞美術展に出品
1961年 芸術選奨文部大臣賞を受賞
1982年 3代目の武蔵野美術学園学園長に就任
1983年 死去

山口長男 の代表的な作品

  • 「劃-赤」
  • 「脈」
  • 「池」
  • 「象(かたち)」
  • 「構成」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら