買取作家

ラグーザ玉

らぐーざ たま

ラグーザ玉 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では ラグーザ玉 の作品を高く評価し買取しております。
もし ラグーザ玉 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

ラグーザ玉

ラグーザ玉(らぐーざ・たま、1861-1939年)は、明治-昭和時代前期に活躍した日本人女性洋画家である。旧姓は清原。号は栄寿。
1961年7月17日に江戸で生まれる。幼名を多世といい、自ら多世とも記していた。若い頃から日本画を学ぶ。永州なる画家に就て西洋画法の指導を受けた。その後1877年に工部美術学校の教師であった彫刻家のヴィンチェンツォ・ラグーザと出会う。画才を認められ西洋画の指導を受ける。ヴィンチェンツォの作品のモデルも務め、親密な仲となる。1880年ヴィンチェンツォと結婚。エレオノーラと改名
1882年に夫婦でイタリアへ渡り、パレルモ大学美術専攻科に入学。サルバトーレ・ロ・フォルテに師事。2年後ヴィンチェンツォがパレルモに工芸学校を開設する。玉は絵画科の教師を務めた。その頃から作品が国際的に評価を受け始める。
パレルモを中心にモンレアーレやシカゴなど各地の美術展や博覧会で、多数の賞を受け、高い評価を得た。当時、女性の芸術家が珍しいということもあり、一躍話題となる。
1927年同じ芸術家であり、パートナーであった夫と死別する。ヴィンチェンツォの遺作を多数東京美術学校に寄贈。
日本への帰国を希望するが、受け入れられず簡単に帰国することが出来なかった。その後、新聞社がラグーザ玉の人生を連載小説として発表し、帰国することができた。1933年に51年ぶりに帰国。帰国後は旧家の辺清原家に画室を構え、画業に集中した。
その後1939年4月5日、東京府東京市芝区の実家で脳溢血を起こす。翌日の4月6日に急逝。
1986年には新宿小田急グランドギャラリーなどで、ラグーザ玉の初の回顧展となる「ラグーザ玉展」が開催された。

年表
1861年 江戸で生まれる
1877年 ヴィンチェンツォ・ラグーザと出会う 西洋画の指導を受ける
1880年 ヴィンチェンツォ・ラグーザと結婚
1882年 イタリアへ渡る パレルモ大学美術専攻科に入学
1884年 ヴィンチェンツォがパレルモに工芸学校を開設
    絵画科の教師をつとめる
1927年 ヴィンチェンツォと死別
1933年 帰国
1939年 脳溢血で死去
1986年 「ラグーザ玉展」が開催される

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら