買取作家

牧野虎雄

まきの とらお

牧野虎雄 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 牧野虎雄 の作品を高く評価し買取しております。
もし 牧野虎雄 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

牧野 虎雄(まきの とらお、1890(明治23)年12月15日-1946(昭和21)年10月18日)は、大正から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。
新潟県高田市に牧野藤一郎の次男として生まれる。母は牧野兼。1895年に一家で東京へ移住。その後は画家を志し、1908年に東京美術学校西洋画科に入学。在学中の1912年には第6回文展に「漁村」を出品し初入選を果たす。


卒業後も文展に続く帝展ての出品を続け、帝展審査員にも任命され歴任する。また、1924年には大久保作次郎や奥瀬英三らと共に槐樹社を創設する。1933年には旺玄社を創立し、主宰者として活躍を見せる。


作品の出品や制作を行う一方で、帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)の教授として後進の指導に励み、1934年には帝国美術学校西洋画科長となる。翌年には帝国美術学校教授を辞職。多摩帝国美術学校の創立に尽力し、同校の西洋画科主任教授となり指導を続ける。


1930年に中村岳陵らと共に「六潮会」を結成。これを機に日本画家とも接触。初期の作品が暗い写実的なものであったのに対し後年の作品は装飾的で平面的な日本画の表現を取り入れ、明るい色彩へと変化した作風であった。


1946年10月18日四谷区の自宅で、死食道がんのため死去した。



年表
1890(明治23)年 新潟県に生まれる
1908(明治41)年 東京美術学校 入学
1919(大正8)年 第1回帝展 推薦出品
1924(大正13)年 槐樹社創設
1926(大正15)年 第7回帝展審査員任命
1927(昭和2)年 第8回帝展審査員任命
1929(昭和4)年 帝国美術学校教授
         第10回帝展審査員任命
1930(昭和5)年 第11回帝展審査員任命
1931(昭和6)年 槐樹社解散
1933(昭和8)年 旺玄社 結成
               常任評議員
               第14回帝展審査員任命
1934(昭和9)年 帝国美術学校西洋学科長
1935(昭和10)年 帝国美術学校教授 辞任
          多摩帝国美術学校 西洋画科主任教授
1940(昭和15)年 邦画一如会 結成
1946(昭和21)年 死去

牧野虎雄 の代表的な作品

  • 「凧揚」
  • 「明るい部屋」
  • 「朝顔」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額を提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

査定額をご提示し、金額にご納得いただければ、その場で現金で買取いたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら