買取作家

有元利夫 買取強化中

ありもと としお

有元利夫 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 有元利夫 の作品を高く評価し買取しております。
もし 有元利夫 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

有元利夫(ありもと としお、1946(昭和21)年9月23日-1985(昭和60)年2月24日)は、昭和時代に活躍した日本の画家である。妻は日本画家、陶芸家の有元容子。
疎開先であった岡山県津山市に生まれる。生家は東京で貸家業を営んでいた。しかし、戦争の影響で焼失。その後後文具店を始める。そのため、幼少期から画材道具に囲まれ絵に興味を抱く。

1953年台東区立谷中小学校に入学。この頃から油彩を始める。卒業後は駒込高等学校に入学し、本格的に絵の道を志す。
1969年4浪の後東京芸術大学美術学部デザイン科入学。在学中に渡欧。イタリアのフレスコ画に強く感銘を受ける。フレスコ画と日本の仏画に共通点を見出し、岩絵具を用いることを決心する。また、在学中に後の妻である渡辺容子と出会う。
イタリアルネッサンス期のジョット、ピエロ・デラ・フランチェスカや、日本の「平家納経」などを敬愛。それら「古典」や「様式」のもつ力強さに魅了され、影響を受ける。
卒業制作ではピエロ・デッラ・フランチェスカらの作品を引用しながらも、独自のスタイルを探る「私のとってのピエロ・デラ・フランチェスカ」10点連作を出品。大学買い上げとなる。

卒業後は、デザイナーとして電通に勤める。菓子箱や雑誌広告などを手がける。一方で、個展の開催や展覧会への出品などを行う。1976年、画業に専念するため退社。同年東京芸術大学の非常勤講師を勤める。
展覧会への出品を重ね、1978年に「花降る日」を出品。安井賞特別賞を受賞する。1981年に出品した「室内楽」で第24回安井賞を受賞する。画家として高い評価を得る。
その後も作品の出品・発表を続け、多数の賞を受けた。1985年2月24日に肝臓がんのため死去。墓は長久院墓地にある。

岩絵具や顔料を使用し、アクリルや膠等の媒剤を用いて、風化を意識した絵肌を持たせた静寂感のある美しい作風である。女神のような人物像をモチーフとした作品が多い。
また、タブロー以外では、塑像や木彫、版画などの制作や、水性絵具による素描も残している。

年表
1946(昭和21)年 岡山県で生まれる
1953(昭和28)年 台東区立谷中小学校に入学 油絵を始める
1962(昭和37)年 駒込高等学校に入学
1969(昭和44)年 東京藝術大学美術学部デザイン科 入学
1972(昭和47)年 東京藝術大学美術学部デザイン科 卒業
         渡辺容子と結婚
1973(昭和48)年 電通に就職
1976(昭和51)年 電通を退社
         東京藝術大学非常勤講師
1978(昭和53)年 安井賞特別賞受賞
1981(昭和56)年 安井賞受賞
1983(昭和58)年 長男が誕生
1985(昭和60)年 死去

有元利夫 の代表的な作品

  • 「こもりく」
  • 「花降る日」
  • 「望郷」
  • 「遥かなる日々」
  • 「厳格なカノン」
  • 「出現」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら