中西利雄なかにし としお

    中西利雄の買取

    中西利雄の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    中西 利雄(なかにし としお、1900(明治33)年12月19日-1948(昭和23)年10月6日)は、大正から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。東京の京橋に生まれる。


    東京美術学校西洋画科に入学。在学中の1924年に、日本水彩画会会員となり活躍を見せる。その後1927年に同校を卒業。翌年にフランスへ留学。同期の小磯良平とともにヨーロッパをめぐる。また、サロン・ドートンヌに出品し、入選を果たす。その後も絵画の研究を重ね1931年に帰国。


    帰国後も日本水彩画会に作品の発表を続け、帝展でも出品を行う。1934年の帝展では特選を受賞する。翌年には第二部会展で「婦人帽子店」を出品し、特選となる。その後1936年に小磯良平や猪熊弦一郎らとともに新制作派協会の結成に参加。以降、同会会員として出品。新制作派協会で一人の水彩画の会員として活躍した。


    不透明描法の明快な色調と、近代的で都会的な独自の作風を確立。1948年に大仏次郎の「帰郷」の挿絵を毎日新聞にて連載するが、病のために中断。同年の10月6日に肝臓がんのため死去した。



    年表
    1900年 東京に生まれる
    1924年 日本水彩画会会員
    1927年 東京美術学校西洋学科 卒業
    1928年 渡仏
    1929年 サロン・ドートンヌ 入選
    1931年 帰国
    1934年 第15回帝展 特選
    1935年 第二部会展に「婦人帽子店」を出品 特選
    1936年 新制作派協会結成に参加
    1945年 神奈川県の奥地に疎開
    1948年 死去

    中西利雄の代表的な作品

    • 「婦人帽子店」
    • 「夏の海岸」
    • 「森のカフェ」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    中西利雄を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法