買取作家

香月泰男

かづき やすお

香月泰男 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 香月泰男 の作品を高く評価し買取しております。
もし 香月泰男 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

香月泰男

香月泰男(かづき やすお 1911年(明治44年)10月25日-1974年(昭和49年)3月8日)は日本の画家。山口県出身。

開業医の息子として生まれる。幼い頃に両親が離婚し、厳格な祖父に育てられる。
川端美術学校を経て、1931年に東京美術学校に入学。藤島武二に師事する。

太平洋戦争勃発の際に召集を受け満州へ。その後ソ連に拘留され強制労働に従事。
帰国後は抑留体験が創作主題となり、連作で知られる「シベリア・シリーズ」を開始。
1949年(昭和24年)にその第1作となる「埋葬」を発表する。
連絡を追ってみてもその表現方法に苦心したことが見てとれる。
長年の試行錯誤のうえに油絵の具に木炭や方解末を混ぜた堅牢なマチエールを生み出し、黒・褐色中心とした画面にたどり着いたのだろう。
香月曰く「ほんとうにシベリアをシベリアらしく、あったがままに描くためには、やはり10年の歳月が必要だった。」
1969年、第1回日本芸術大賞を受賞する。

創作活動の多くは「‹私の›地球」と称した自宅で行っており、自宅近くに香月泰男美術館が開館され、晩年までの泰男の手元にあった作品やアトリエの復元が展示されている。
没後、シベリア・シリーズ全57点のうち45点は山口県に寄贈、8点は山口県に寄託され山口県立美術館に展示されている。

1911年 山口県大津郡三隅町(現在の長門市)で生まれる。
1931年 東京美術学校に入学し、藤島武二に師事。
1942年 太平洋戦争に召集、満州へ。
1945年 ソ連に拘留。シベリアのセーヤ収容所で強制労働に従事した
1947年 帰国
1969年 「シベリア・シリーズ」で、第一回日本芸術大賞受賞
1974年 心筋梗塞によって死去。勲三等瑞宝賞受賞。
1993年 三隅町立香月美術館(現:香月泰男美術館)開館

香月泰男 の代表的な作品

  • 「ヒューザンス」
  • 「涅槃」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら