買取作家

草間彌生

くさま やよい

草間彌生 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 草間彌生 の作品を高く評価し買取しております。
もし 草間彌生 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

草間 彌生(くさま やよい、1929年(昭和4年)3月22日 - )は、日本の芸術家である。幼い頃から幻覚や幻聴に悩まされていたため、それらから逃れるために、それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。1957年(昭和32年)に渡米し、絵画や立体作品の制作のみでなくハプニングと称される過激なパフォーマンスを実行するなどして、1960年代には「前衛の女王」の異名をとった。
草間彌生のいくつかの作品の特徴は、同一モチーフの反復、例えば水玉模様などによって絵画の画面や彫刻の表面を覆うところにある。また、男根状のオブジェを日用品などに張り付ける立体作品や、合わせ鏡を用いた光やオブジェを無限に広がるように見せるインスタレーションの制作もしている。さらに、カボチャをモチーフにした作品もしばしば見られる。
また、ファッションデザインや小説執筆などの活動も行い、多くの才能を発揮している。
出身は長野県松本市の種苗業を営む裕福な家に生まれ、幼いころから草花やスケッチに親しんだ。一方で、少女時代より統合失調症(医学博士西丸四方が診断)を病んでしまったため、繰り返し襲う幻覚や幻聴に苦しみ、逃れるためにそれら幻覚や幻聴を描きとめる絵を描き始める。草間は現在に至るまで水玉(ドット)をモチーフに制作する事が多い(ドット・ペインティング)。これは耳なし芳一が幽霊から身を守るために全身に経で埋め尽くした様に、彼女もまた恐怖する幻覚や幻聴から身を守るために、作品全体を水玉(ドット)で埋め尽くす儀式でもある、とされている。1952年(昭和27年)には、地元の松本市公民館(旧:松本市公会堂)で2度の個展を開いた。1度目の折、精神科医の西丸四方が立ち寄り感銘し絵を購入。関東精神神経医学学会で紹介し、知人でゴッホ研究で有名な精神科医・式場隆三郎が、東京日本橋の白木屋百貨店などでのつてを紹介される縁を得た。2度目の個展では師と仰ぐ松澤宥に賛助出品してもらい、パンフレットに松澤宥と懇意だった当時著名であった美術評論家瀧口修造らの寄稿文も掲載された。西丸博士と瀧口については、後に生涯の良き理解者となった。1954年(昭和29年)から翌年にかけて、東京で4度の個展を開催。白木屋百貨店ほか、瀧口の関るタケミヤ画廊でも個展を開いた。また、瀧口がニューヨークの第18回国際水彩画ビエンナーレへ彼女を紹介したことで、渡米の糸口を作った。この時期に素描のほかにもコラージュなども量産している。

草間彌生 の代表的な作品

  • 「集合-1000艘のボート・ショー」
  • 「南瓜」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら