掛け軸・日本画買取

小林一茶 日記切

「のらくらや勿体なくも日の長き」

小林一茶の掛け軸を買い取りました。
一茶の日記を十一幅に仕立てた掛け軸の中の一幅です。

小林一茶は、1763(宝暦13)年、長野県北国街道柏原宿(現信濃町)の農家に生まれました。働き者の義母になじめなかった一茶は、15歳の春、江戸に奉公に出て、奉公先を点々とかえながら、20歳を過ぎたころに俳句の道をめざすようになりました。40代になる頃には俳諧師として生計を立て、50代には俳諧師として全国的に名が知られ、多くの門人を抱えるようになりました。

古美術永澤では小林一茶の作品を高く評価し買い取りしております。もし気になるお品をお持ちでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

掛け軸・日本画買取の買取実績一覧に戻る

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら