絵画買取

長谷川りん二郎「葡萄」油絵

長谷川りん二郎の油絵を買取りました。

長谷川潾二郎(はせがわりんじろう)は、北海道の文学一家に生まれます。兄弟全員が作家・文学者・翻訳家と文学に関係しており、自身も探偵小説を執筆しています。

19歳のころに画家を志して上京しますが、すぐに退学。絵を学ぶために渡仏するも、1年で帰国するなど、当時から潾二郎の感受性の強さを感じられます。
26歳のときに荻窪にアトリエを構えますが、画壇や団体とは関わりを持たず、ただひたすら独自の絵画を貫いた結果、近代美術史上においても特異な位置を占めることになります。

りん二郎は、描きたい対象が、描きたい状況になるのを待ち、季節や光が変われば、次の年まで書き加えることをしませんでした。作品を完成させるまでに、時間を惜しまず、労力を惜しまず、ただ寡黙に対象と向かい合い、独自の絵画と向き合い続けたのです。そのため、完成作品が少なく、寡作な画家として知られています。

身の回りの物や風景を画題にした画風は、温か味のある写実的な表現でありながら、どこか現実離れした神秘性を漂わせ見る側に忘れがたい印象を残します。
多くの人を魅了する潾二郎の作品は近年再評価され、愛好家も増加傾向にあります。

古美術永澤では長谷川潾二郎の絵画を高価買取しています。
もしお手元に気になるお品がございましたらぜひご相談ください。

絵画買取の買取実績一覧に戻る

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら