狩野芳崖かのう ほうがい

  • 買取強化中

狩野芳崖について

狩野芳崖の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

狩野芳崖

狩野 芳崖は(文政11年1月13日(1828年2月27日) - 明治21年(1888年)11月5日)は、幕末から明治期の日本画家。

芳崖は1828年、長府藩狩野派の御用絵師の家に生まれる。

1846年、19歳で、木挽町狩野家に入門。勝川院雅信に師事する。同門の橋本雅邦と「竜虎」「勝川院の二神足」と並び称された。

のちに、雪舟、雪村の画風に傾倒する。

その後、御用絵師として職を得るが、明治維新後に失職し、困窮生活を送る。

1884年、絵画共進会に出品した『桜下勇駒図』でフェノロサに見いだされ、西洋画の色彩、画面構成法を取り入れた画風を確立した。

絶筆『悲母観音』は、近代日本画の原点ともいうべき作品である。

狩野芳崖の代表的な作品

  • 「伏竜羅漢」
  • 「谿間雄飛図」
  • 「江流百里図」
  • 「仁王捉鬼」
  • 「不動明王」
  • 「悲母観音」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

狩野芳崖を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法