徳田八十吉とくだ やそきち

  • 買取強化中

徳田八十吉について

徳田八十吉の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

徳田 八十吉(とくだ やそきち)は九谷焼の陶工の名前である。

初代
初代徳田八十吉(1873年11月20日 - 1956年2月20日)は、吉田屋窯風の作風を得意とした。号は鬼仏。
指導者として浅蔵五十吉、二代目、三代目徳田八十吉等を育てる。

二代目
二代目徳田八十吉(1907年11月1日 - 1997年9月8日)は、1923年に初代の養子となり師事。
1956年、二代目徳田八十吉を襲名。九谷焼の近代化を推進した。
1988年、八十吉の名を長男に譲り百々吉を名乗る。初期の号は魁星。

三代目
三代目徳田八十吉(1933年9月14日 - 2009年8月26日)は、金沢美術工芸大学短期大学工芸科陶磁専攻中退。初代、二代目等に師事。
1988年に三代目を襲名。1991年には第11回日本陶芸展で、大賞・秩父宮賜杯を受賞。
1997年6月6日、重要無形文化財「彩釉磁器」の保持者(人間国宝)に認定される。
釉薬で色彩を調整した鮮やかな群青色に強い個性がある。海外にも多くの作品を発表して高い評価を得た。
また、古九谷の学術研究にも尽力した。初名は正彦。

四代目
四代目徳田八十吉(1961年 - )は青山学院女子短期大学卒業。三代目徳田八十吉の長女。三代目の死去を受けて翌2010年襲名。初名は順子。

徳田八十吉の代表的な作品

  • 「8.5号壷 恒河」
  • 「8号壷 碧明耀彩遊線文」
  • 「7号壷 碧明耀彩」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

徳田八十吉を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法