坂本繁二郎さかもと はんじろう

  • 買取強化中

坂本繁二郎について

坂本繁二郎の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

坂本 繁二郎(さかもと はんじろう、 1882年3月2日 - 1969年7月14日)は、明治後期~昭和期の洋画家。福岡県久留米市生まれ。

10歳になると、地元久留米在住の画家・森三美に師事して絵を学び、
「神童」と持てはやされる。青木繁と同郷であり、坂本が上京を決意したのは1902年(明治35年)、帰省中の青木から作品を見せられた時にその上達ぶりに驚嘆したためといわれる。

1907年(明治40年)、『北茂安村』が第1回文展に入選。
1921年(大正10年)に渡仏し、シャルル・ゲランに師事する。
第二次大戦後は梅原龍三郎、安井曾太郎と並ぶ洋画会の巨匠と見なされる。
1956年(昭和31年)文化勲章受章。
1969年(昭和44年)、87歳で没。

坂本は代表作『水より上がる馬』をはじめとして馬の絵をよくしたが、第二次大戦後の柿、栗などの静物や能面をモチーフにした作品、最晩年の月を題材にした作品もそれぞれ独自の境地をひらいている。

坂本繁二郎の代表的な作品

  • 「水より上る馬」(1937)(東京国立近代美術館)
  • 「放牧三馬」(1932)(石橋美術館)

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

坂本繁二郎を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法