棟方志功「三尊仏の柵」

棟方志功の「三尊仏の柵」です。
棟方は自作の木版を「版画」ではなく「板画」と呼んでいました。そこには版画の「板の生まれた性質を大事にあつかわなければならない」「板の声を聞く」という思いが込められています。
棟方は生涯に数多くの仏画を手掛けていて、「三尊仏の柵」という作品はこのほかにも存在します。

絵画買取の買取実績一覧に戻る

関連買取実績

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法