絵画買取

熊谷守一「とんぼ」

熊谷守一を買い取りました。

熊谷守一は“画壇の仙人”と称され、晩年は千早の家で植物や小さな生物たちに囲まれ、絵を描いて過ごしました。

明るい色彩とはっきりした形で、穏やかな愛しさに溢れた画面は、猫や虫、道端の花といった、画家が愛した“何でもないように其処にある生命”で満たされています。そんな作品を生み出した、画家熊谷守一とはどういう人物だったのでしょうか。彼の残した有名な言葉に、対象と向き合う姿がうかがえる一節があります。

「地面に頬杖つきながら、蟻の歩き方を幾年も観ていてわかったんですが、蟻は左の二番目の足から歩き出すんです」

時にユーモラスにも見える作品は、子供が描いたように見えるといわれることもあります。それは、守一自身が、無垢な心で対象と接し、じっと見つめ、愛した結果の表現だったのではないでしょうか。

お買取りの品は、長年で培われた観察力と研鑽された画力から、迷いない筆で描かれた作品です。

古美術永澤では書・絵画にかかわらず熊谷守一の作品を高く評価し買取しています。
もしお手元に気になるお品がございましたらぜひご相談ください。

絵画買取の買取実績一覧に戻る

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら