買取作家

熊谷守一 買取強化中

くまがい もりかず

熊谷守一 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 熊谷守一 の作品を高く評価し買取しております。
もし 熊谷守一 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

熊谷守一

熊谷守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)~1977年(昭和52年))は、日本の画家。
岐阜県恵那郡付知村(現・中津川市付知町)に後に初代岐阜市長となる事業家・熊谷孫六郎の三男として生まれた。富裕層の出身でありながら極度の芸術家気質で貧乏生活を送ったため「画壇の仙人」と呼ばれる。

守一を商人にしようとしていた父親の大反対を押して、岐阜中学3年の時に上京。
1900年(明治33年)、東京美術学校に入学。同級生に青木繁、山下新太郎らがいる。
42歳で結婚。5人の子供(黄、陽、萬、榧、茜)に恵まれたが、絵が描けず貧乏が続いた。
当時は日々の食事にも事欠くありさまで、次男の陽が肺炎に罹ったときも医者にみせることができず死なせてしまう。陽の亡骸を絵に描いた後で、これでは人間ではない、鬼だと気づき愕然としたという。
1932年、現在熊谷守一美術館になっている豊島区千早に越して来た頃から、ぽつぽつ絵も売れて、なんとか家族を養えるようになった。
1956年76歳の時、軽い脳卒中で倒れ、それ以降晩年20年間は、自宅の庭で、自然観察を楽しむ日々を送った。

熊谷は自分の画風を「下手も絵のうち」と表現している。「下手といえばね、上手は先が見えてしまいますわ。行き先もちゃんとわかってますわね。下手はどうなるかわからないスケールが大きいですわね。上手な人よりはスケールが大きい」と語っている。

作風は写実から出発し、やがて極端に単純化された形が特徴となり抽象画に接近、晩年は花や虫や鳥など身近なものを描いたユーモラスな作品を多く生み出した。
また、自然や裸婦、身近な小動物や花などの洋画のほかにも、日本画・書などの作品も多く残している。

1967年87歳の時、「これ以上人が来てくれては困る」と文化勲章の内示を辞退。1972年の勲三等叙勲も辞退した。 1976年 郷里の岐阜県恵那郡付知町に熊谷守一記念館が設立される。
1977年8月1日、老衰と肺炎のため97歳で没。

熊谷守一 の代表的な作品

  • 『蝋燭』 1909年(岐阜県美術館)
  • 『陽の死んだ日』 1928年(大原美術館蔵)
  • 『裸婦』 1930年(東京藝術大学大学美術館)
  • 『裸婦』 1940年(徳島県立近代美術館)
  • 『ヤキバノカエリ』 1948年(岐阜県美術館蔵)
  • 『種蒔』 1953年(福島県所蔵)
  • 『土饅頭』 1954年(北九州市立美術館)
  • 『化粧』 1956年(京都国立近代美術館)
  • 『白猫』 1959年(豊島区立熊谷守一美術館)
  • 『猫』 1963年(愛知県美術館)
  • 『白猫』 1963年(個人蔵)
  • 『岩殿山』 1965年(京都国立近代美術館)
  • 『兎』 1965年(天童市美術館)
  • 『泉』 1969年(熊谷守一記念館)
  • 『芍薬』 1973年(和泉市久保惣記念美術館)

古美術永澤より~熊谷守一の買取について

古美術永澤では今までも熊谷守一の作品を数多く買取り、現在も探しております。熊谷守一の作品のご売却をお考えの際は、ぜひご相談ください。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら