お知らせ

翡翠の買取について

2019/06/19 中国美術

古美術永澤では中国美術の買取に力を入れています。
中国美術の中でも翡翠製品にお心あたりがありましたらぜひご相談下さい。

翡翠の種類

翡翠には2つの種類があります。ひとつは軟玉(ネフライト)、もう一つはヒスイ輝石とよばれる硬玉(ジェダイト)です。現在では硬玉が本翡翠とされていますが、翡翠製品最大の市場をもつ中国製の中には、軟玉のものが多く存在しています。一般的に外観では判別できませんので、そこは修行を重ねた目利きによる査定が必要となります。

豊富な色

翡翠をイメージしたとき緑色を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はラベンダー、赤、白、黄、オレンジ、黒など色の種類は豊富です。その中でも特に価値が高いとされている「琅玕(ロウカン)」は、表面にとろみを持つ濃いエメラルドグリーンで、大変珍重されています。

翡翠装飾品

骨董品での価値

翡翠は硬玉と軟玉が発見される以前から、世界各地で多くの人々に愛されてきました。そのため前述の基準に当てはまらない品でも、骨董価値の高い作品が多く存在します。
特に古来中国においては、翡翠に不老不死の力があると信じられており、金よりも価値がある宝石と位置付けられた歴史があります。日本においても縄文遺跡から出土するほど馴染みが深い玉ですが、中国での翡翠製品の規模は比べ物にならないほど膨大で、歴代皇帝や貴族などの装飾品、副葬品などからも、翡翠への思いは計り知れません。指輪・腕輪などの装飾品、器・茶道具・彫刻・香炉・書道具・置物などの美術工芸品など様々なものに加工され、皇帝など権力者や富裕層が好んで身の回りに置きました。翡翠は、金と並んで権力や豊かさの象徴でもあったのです。
玉への憧れから翡翠彫刻の技術は進み、軟玉であっても芸術的価値が見逃せないものも多数存在します。台湾の国立故宮博物院に保管されている『翠玉白菜』はその代表的作品と言えるでしょう。また軟玉の中でも特に透明度の高い白色の「羊脂玉(ようしぎょく)」は最高級品とされていて、本翡翠の硬玉よりも資産価値が高いお品となります。

翡翠香炉

需要の高まり

近年、中国経済の高騰から中国人の購買意欲が高まっている中で、古い時代に日本へ渡った中国玉製品には厚い信頼が寄せられています。香炉や仏像、茶道具、また日本の文化にあわせて帯留や指輪・ネックレスに加工し継承されてきたお品はございませんか。古美術永澤では翡翠の買取に力を入れています。代々受け継がれたお品をがございましたら、是非古美術永澤にお問い合わせください。
中国美術の買取ページはこちらから

一覧へ戻る

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら