茶釜・風炉釜 買取

古い風炉や釜を
高価買取いたします

古美術永澤では、風炉や金釜・銀釜・鉄釜を積極買取しております。使い込まれた釜は、その歴史やお使いになった主人の想いが風合いとして現れ、独特の景色を生み出しています。古くなったからこそ醸し出す味わいや風格は、現在でも多くの愛好家を魅了し骨董の世界で高い人気を維持しています。

骨董商だからこそわかる価値

「実家の整理中に古い風炉釜が出てきたけど、価値があるのかな」

そう感じている方は少なくありません。
お手元の金銀製の釜や鉄釜、ご整理されていた茶道具も全て一括査定が可能です。
茶道具の査定は、ぜひ古美術永澤にお任せください。

風炉・釜を探しています

釜を掛ける=茶の湯
「西の芦屋、東の天命」

茶道に使用するための湯を沸かす「釜」という道具ではありますが、「釜を掛(懸)ける」「掛釜(懸釜)」という言葉が茶会そのものを指し示すほど、茶道の中では重要な存在です。茶釜の種類は様々ありますが、大きな区分で鎌倉時代末から室町時代につくられた「芦屋釜」と「天命釜(天明釜)」、その後利休の時代に京都で盛んに作られた「京釜」の3種類に分けられます。その内、芦屋釜と天命釜は現存数が極めて少なく、現在では製造方法も不明なことから非常に希少価値の高いお品です。


「西の芦屋、東の天命」と珍重される釜は、どれも大変古いものです。
お手元の古い釜は、もしかすると珍品かもしれません。

買取実績最近の買取実績の一部をご紹介いたします。

  • 中川浄益作 銀製南鐐 平羽釜

    中川浄益は金物師の名跡です。初代は千利休に見いだされ、茶道具職家・千家十職に数えられます。お買取りのお品は精巧な金工作品を得意とする中川家らしさがみえる、見事な南鐐平羽釜です。

    作家 中川浄益

  • 角谷與斎(与斎)造 浜松地紋 真形釜

    お買取りのお品は、大阪の釜師であり裏千家出入り職方の名家・角谷興兵衛の作品です。裏千家鵬雲斎御好品をよく制作し、淡々斎より「与斎」の名を授かり、多くの茶人から支持される現代の名匠です。

  • 角谷一圭 片輪車地紋 撫八角釜

    角谷一圭は、茶の湯釜の人間国宝として広く知られた釜師で、茶道具買取においても注目度の高い作家のひとりです。お買取りのお品のように優雅、かつ侘寂の佇まいがある茶釜で人気があります。

    作家 角谷一圭

  • 銀製 鎚起 霰肌茶釜

    「霰釜」と呼ばれ、霰と呼ばれる突起に覆われた人気の高い茶釜の一つです。やり直しのきかない霰打は一流金工師だけができる仕事。お買取りのお品は、銀の価値も評価させていただきました。

風炉釜

風炉釜

古くは四季を問わず風炉を用いてた茶の湯ですが、千利休が炉の点前を定めて以降は、夏の風炉、冬の炉と使い分け、風炉は5月初旬ごろ、立夏の前後から11月初旬、立冬前後まで用いられます。冬は炉を使いますが、炉がないところでは風炉を用います。風炉は、その材質から「土風炉」「唐銅風炉」「鉄風炉」「板風炉」などがあります。

一般的に風炉は釜に合わせて作られますので、ご自宅に風炉がある場合は、茶釜も一緒にお求めになっている・それぞれ別の場所に片付けられている、などが考えられます。ご整理の際には思い出していただければと思います。

買取強化作家

風炉や釜は、保存状態や意匠、有名な製作元や作家作品などが高価買取のポイントとなります。
お箱、箱書き、花押の表記があるものは査定の評価につながりますので、査定の際には作品と一緒にお見せください。

    <製作元>

  • 龍文堂
  • 亀文堂
  • 金龍堂
  • 金寿堂
  • 雲色堂
  • 光玉堂
  • 精金堂
  • 金青堂
  • 正寿堂
  • 白観堂
  • 省鋳堂
  • 省三造
  • 暁寿堂
  • 金祥堂
  • 般清堂
  • 龍泉堂
  • 金栄堂
  • 尚古堂
  • 金賞堂
  • 松栄堂
  • 三龍堂
  • 竹影堂
  • 白観堂

    <釜師・金工作家>

  • 秦蔵六
  • 石黒光南
  • 畠春斎
  • 中川浄益
  • 波多野正平
  • 角谷一圭
  • 宮崎寒雉
  • 佐藤提
  • 日本梅泉
  • 門脇喜平
  • 佐々木彦兵衛
  • 高木治良兵衛
  • 小泉仁左衛門
  • 大西浄中
  • 大西浄寿
  • 角谷莎村
  • 高橋敬典
  • 奥平了保
  • 西村道爺
  • 鳳祥斎
  • 長野裕
  • 一鶴斎
  • 金谷五郎三郎
  • 真鍋静光

古美術永澤では、流派を問わず幅広い茶道具の買取を行っています。買取依頼の参考にご覧ください。

金工 買取作家

古美術永澤では以下の作家の作品を特に探しております。買取依頼の参考にご覧ください。
作家がご不明な場合や下記に名前がない場合もお取扱いたします。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら